2015-07-17 02:36:09

低資金で高回収を実現するデイトレードに適した銘柄選びのコツ

個人で株を取引する場合、余裕資金ではじめるため投資資金は少なくなります。デイトレードの魅力は少ない資金で大きな利益をだすことです。少ない資金で大きく増やすには信用取引が必須です。信用取引を使って回転売買し資金効率をあげます。資金100万ぐらいで1日売買代金1千万以上の取引も可能です。しかし売買する銘柄を間違えれば資金効率が下がり大きな利益を上げることができません。今回は「低資金でいかに大きな利益を出すか」という視点で銘柄の選び方を解説します。


  • SPONSORED LINK



3つの条件で銘柄を選ぶ


低資金で高回収を実現する銘柄の条件は3つあります。それでは条件別で説明していきます。


1.よく動く銘柄


1つ目の条件はよく動く銘柄です。よく動く銘柄と動かない銘柄では資金効率が違ってきます。動く、動かないは「株価変動率」で判断します。株価変動率の算出方法は、「(高値-安値)÷中間値×100」です。中間値は「(高値+安値)÷2」で算出します。

株価変動率が高くなれば動く銘柄で、低くなれば動かない銘柄です。株価変動率でどれくらい資金効率が違うか確認します。新興株代表ミクシィ上場したばかりの銘柄の富士山マガジンサービスと比較し資金効率の違いを見ていきます。2銘柄の違いを下記にまとめました。


2015/7/10の価格を参考
新興株代表;2121 ミクシィ
高値:5820 安値:5600 中間値:5710 変動率:3.85% 最低投資資金:58万2000円
中間値で買った場合の最大利益は+1.1万です。
中間値で買った場合の最大損失は-1.1万です。

直近IPO;3138 富士山マガジンサービス
高値:5200 安値:4600 中間値:4900 変動率:12.2% 最低投資資金:52万0000円
中間値で買った場合の最大利益は+3万です。
中間値で買った場合の最大損失は-3万です。


2銘柄を比較すると同じぐらいの投資金額でも最大利益が約3倍違うことがわかります。なぜここまで違うかというと変動率が約3倍違うからです。富士山マガジンサービスの変動率は12.2%です。ミクシィは3.85%です。富士山マガジンサービスのほうか動く銘柄になります。このように価格変動率の高い銘柄ほど資金効率がよく低資金で大きな利益を上げることが可能です。

▼関連記事
【ドカン防止】銘柄ごとに適正売買単位を決定し巨額損失を防ぐポジションサイジング


2.売買が活発に行われている


2つ目の条件は、売買が活発に行われていることです。板が薄く変動率の高い銘柄ではなかなか売買することができずリスクも高くなるためデイトレードには向きません。売買代金ランキングで上位にあるか、「株探」というサイトの「約定回数ランキング」で上位50位以内に入っているかを確認して活発に売買されている銘柄を選択してください。


3.売買単位の小さい


3つ目の条件は、売買単位の小さい銘柄を選ぶことです。売買単位が小さいければ低資金で株を買うことができます。最近では50万以下で買える銘柄がほとんどなのであまり気にする必要はありませんが一応確認する必要があります。


デイトレードにむいている株価変動率


経験上、株価変動率が5%以上あればデイトレードにむいている銘柄といえます。株価変動率が5%以上でその他の条件に当てはまれば投資対象銘柄にします。以下私が実際に監視している株価変動率が5%以上の銘柄です。上位20銘柄を掲載しました。


2015/07/16時点の監視銘柄一覧
4664 アール・エス・シー 24.65%
3692 FFRI 21.77%
6093 エスクローAJ 17.75%
2321 ソフトフロント 17.04%
4335 アイ・ピー・エス 16.64%
3896 阿波製紙 16.44%
7812 クレステック 15.76%
8226 理経 15.38%
4572 カルナバイオサイエンス 14.89%
3689 イグニス 14.29%
9878 セキド 13.28%
3915 テラスカイ 12.65%
4783 日本コンピュータ・ダイナ 12.58%
3727 アプリックスIPHD 12.05%
3356 テリロジー 11.41%
6323 ローツェ 11.40%
2435 シダー 11.21%
8254 さいか屋 11.07%
3138 富士山マガジン 10.26%
4576 デ・ウエスタン・セラピテクス 9.09%


これらの銘柄はストップ高した銘柄、話題のテーマ、SNSなどで盛り上がっている銘柄から探して監視しています。価格変動率の高い銘柄を選びデイトレードでうまく取引すれば資金150万ぐらいで経験上、1日3万~5万ぐらいの利益を出すことが可能です。


リスク


今回は、低資金でいかに大きな利益を出すかという視点で銘柄の選び方を説明しました。勝ちやすい銘柄ではありません。これらの銘柄は多くのデイトレーダーが取引しています。凄腕のトレーダーも参戦しているため初心者が取引した場合負ける可能性が高くなります。投資効率が良い分、最大の損失額も増えるためリスクは大きくなります。取引する際は、十分な準備と経験が必要です。初心者は取引する前に十分勉強しシュミレーションしてください。適当な考えで取引すると必ず負けます。


さいごに


低資金の場合銘柄選びがいかに重要か理解できたでしょうか。しかしこのような銘柄を取引し、勝つためにはかなりの技術と経験が必要です。リスクを十分理解し取引してください。





記事検索