2015-10-19 01:36:06

大口投資家の動向を読むためにチェックしたい情報6つ




資金の多い大口の動向は市場全体に影響を与えます。資金の多い投資家と資金の少ない個人投資家ではやはり個人投資家のほうが不利になります。このような不利な状況を放置していれば個人投資家が株式市場に投資する人は増えません。

日本市場はこのような不利な状況をなくすため、大口投資家の手口を公開しています。このように大口投資家の情報を公開することで健全なマーケットを形成しいろいろな投資家を呼び込みます。


  • SPONSORED LINK



大口投資家の行動を読むための情報を手に入れる


投資で利益を上げるための近道は、大口投資家の行動を読み先回りして仕込んでおくことです。そのためには大口投資家の行動を読むための情報を手に入れなければなりません。では実際にどのような情報を入手するか紹介します。


1.先物・手口情報


先物は現物の裁定取引として利用されます。そのため株式指数との連動性が高いため個別の株価にも影響します。先物の手口を知ることで株価を予想する糸口を探ります。手口は証券会社別に買いと売りの売買枚数の集計がまとめられています。

特に見るべき証券会社は海外の証券会社です。海外の証券会社はヘッジファンドの注文の窓口となるため、海外の証券会社の手口は海外投資家の動向を知る上でチェックする必要があります。クレディスイスは欧米のヘッジファンドの大口の注文を受けていると言われている証券会社のひとつです。このような情報は東証サイトに掲載されています。その他にはトレーダーズウェブのサイトに見やすくまとめられています。

・東証サイト「取引参加者別取引高(手口上位一覧)」
http://www.jpx.co.jp/markets/derivatives/perticipant-volume/index.html

・トレーダーズウェブ「先物・手口情報 」
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/futures/futures_top.asp


2.投資主体別売買動向


投資家別の売買動向を知るための情報です。海外投資家、法人、個人投資家の売買動向が公開されています。このなかでチェックしておきたいのは海外投資家です。

海外投資家のシェアは6割以上のため海外投資家の動向を知ることは全体の動きを予想するためには知っておきたい情報です。これも東証サイト、トレーダーズウェブで入手することができます。情報は1週間前のものしか知ることができません。

・東証サイト「投資部門別売買状況」
http://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/investor-type/

・トレーダーズウェブ「投資主体別売買動向」
https://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp


3.外資系証券寄り付き前注文動向


海外投資家の動向は「投資主体別売買動向」で知ることができますが1週間前のため直近の動向を知ることができません。直近の動向を予想するために外資系証券寄り付き前の注文動向でだいたいの投資行動を推測することができます。

この情報はトレーダーズウェブで入手することができます。買いと売りの差引で買いが優勢か売りが優勢か見ることができます。

・トレーダーズウェブ「外資系証券寄り付き前注文動向」
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/foreign_funding/foreign_funding.asp


4.業種別ランキング


業種別ランキングを見ることでどこの業種が買われているか、どの業種に資金が流れているか知ることができます。海外投資家はハイテク株を好む傾向があるので「電機」「精密」などの動向をチェックする必要があります。またハイテク株は米国のナスダックと連動することが多いのも特徴です。

情報は証券会社が提供しているツールで簡単に入手できます。楽天証券のマーケットスピードではリアルタイムで知ることができます。

・関連記事
優遇プラン・ポイント還元有 楽天証券を専業デイトレーダーが分析 特徴・評判まとめ


5.日経平均の寄与度の高い銘柄の動き


大口の投資家は、いろいろな思惑があり指数を操作しようとします。そのため日経平均の寄与度の高い銘柄を使い指数を操作します。なぜなら先物で指数を操作するより指数寄与度の高い銘柄を操作するほうが低資金で指数を操作できるからです。

指数寄与度の高い銘柄の中でよく利用されるのがファーストリテイリングです。ハイテク株ではファナックなども利用されます。ファーストリテイリングが相対的に買われている場合など指数を上げて他の銘柄を売りたいのかなど、どのような思惑があるのか操作しているのか推測する必要があります。


6.海外の金融商品


海外投資家のほとんどはヘッジファンドです。ヘッジファンドは世界のあらゆる金融商品に投資しています。そのため主な金融商品のトレンドを知る必要があります。下記サイトはそのような情報をリアルタイムでみることができます。

・日経平均先物CME NYダウ先物 為替
http://nikkei225jp.com/cme/

・WTI原油先物 金先物
http://nikkei225jp.com/oil/


まとめ


初心者の方は株価以外にどのような情報をみて株価を予想すればいいかわからなかったと思います。このような情報をみて投資に役立ててください。





記事検索